隻手音声

画業について先日述べたが、今日は述べない。
くるみミラクルの話をしよう。これはまことに優れた前世紀のゲームであり、実におおらかな、懐の深いゲームである。くるみの発言は、時に手厳しく、時にオマヌケで、キャラクターとしてはひとつのゲームの範疇を超えていると思われる。それくらい魅力がある。現代っ子にこういうものを作れと注文しても全く無理であろう。
くるみミラクルの攻略&ネタについては既にファンページというものがネット上に存在する。ファンページには、エンディングが30種類あることが記載されているが、具体的にどんな条件を揃えればいいのかは書いてない。これはファンページ作者の遠慮というか、エンディングの条件まで総て開陳してしまっては、わざわざ攻略本「くるみミラクル完全攻略ガイドブック」を買った読者に申し訳ないという気持ちがあるのだ。
実は先般ちょっとプレーしてみた。一番驚いたのが、ナギサちゃんが銛のようなものを絶えず背負っていること。銛打ちかよ! ちょっと『白鯨』の登場人物を思い出してしまった。
銛はともかく、ツインテールのかわいいアイドルカレンちゃんとか、腋が甘いステラちゃんとか、1パターンしか立ち絵がないミモザさんとか、そのほかヘンテコなキャラも揃っている。
ゲーム制作のメインスタッフはスタッフロールに名前が出ており、検索してみるとそれっぽい方々が引っかかる。しかし、そういうスタッフにコンタクトを求めても、決して有り難がられないと思う。吾輩の「チサト日和」にファンの方がいたわけだが、はるか昔の作品(ちょうどくるみミラクルと同時期)であり、今さらほめられたりなんかしても特段嬉しくないだろう。やはり現在の吾輩を評価してくれなくては有難みが薄い。
というわけで、くるみミラクルについては、続編も出なかったわけだし、今さら何事をも蒸し返す必要はなく、ただ必要に応じてソフトを引っ張り出してプレションを起動させればいいのである。「どきどきポヤッチオ」や「高2→将軍」を高値の中古で買うよりも、くるみミラクルのほうがまだ廉価である。
うちのプレションはただ、読み込みの時などにちょっときしむような音がする。初期タイプだからさすがに古くなっている。近い内にファンのついていない末期のモデルを買うかもしれない。